雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狂犬病は発症すると、致死率は100%。

先日、日本で飼育されている犬の狂犬病の予防接種率が約50%と推定され、WHOが70%以上はないと危険とするラインを大きく下回っているというニュースが流れました。

犬が狂ったように振舞うことから名付けられた狂犬病、どれくらい危険なのでしょうか?

日本では、1957年以降患者は出ていなくて(日本人の外国での感染例はあります)、過去の病気というふうにすらとらえられていますが、世界では毎年、年間5万人もの人が狂犬病により死亡しています。(ちなみにその内3万人がインドで、島耕作でもインドで犬にかまれて狂犬病になって死んだ青年の話が登場していました。)

そして、発症すると、水を恐がる(犬じゃなくて人が)などの症状が出て、精神錯乱などが起きます。

なによりも恐いのが、狂犬病が発病すると、致死率がほぼ100%であるということです。

過去に、狂犬病になって助かった例は世界で数例ありますが、毎年5万人もの犠牲者が出ていることを考えると、例外中の例外と考えていいでしょう。

狂犬病患者の多くは、アジア、アフリカ、南米で発症しているので、その地方に旅行に行く人は、ワクチンを接種していったほうがいいです。

万一それらの地方で犬にかまれたら、とにかく傷口を石鹸水でよく洗って(ウィルス自体は弱いので、多くはそれで死滅します)、病院でワクチンを接種しなくてはなりません。

治療が間に合わなくて、発症してしまったら、その後はないのですから。

それほど恐い病気にもかかわらず、日本では発症していないために、犬のワクチン接種率は低いのです。

しかしながら、日本には毎年、多くの愛玩用の犬が輸入されていて、いつ国内で発生してもおかしくない状況です。(もちろんそのような事態を想定して、輸入犬に対する厳重な検査は行なわれていますが)

近い将来、日本で狂犬病による死者が出ないことを祈るばかりです。














スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/04/03(火) 23:49:55|
  2. 心とからだ・医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界最強の将棋ソフトの作者は、将棋に関しては素人。 | ホーム | パンダと先に名付けられたのはジャイアントパンダではなく、レッサーパンダ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/98-46813e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。