雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2歳までの子どもは家庭内で溺死する危険性が高い。

乳幼児、特に自分で動けるようになった幼児は、何でも口に入れるし、何をするかわからないので、気をつけていないと危険がいっぱいです。

その中で、即、命の危険につながるのが水の事故です。

近くに池はないし、海や川に遊びにいかないから大丈夫と思っているお父さん、お母さん、実は、乳幼児の溺死は家庭内で多く起こっているのです。

1~4歳の死因の1位は不慮の事故ですが、その原因は交通事故と並んで溺死が多くなっています。

さらにその原因を見てみると、0~2歳まででは、浴槽での溺死が溺死全体の7割以上を占めています。

つまり、特に2歳未満の子どもは、浴槽に水を入れっぱなしにしておくと、そこに入り込んで溺れてしまう危険性が高いということです。

その理由として、小さい子どもは水の怖さを知らない、水の中では息ができないということがわかっていない、ということが挙げられます。

だから、好奇心でお風呂のふたを開けて、中に入り込んでしまうのです。

さらに、最近増えている高齢者に優しいバリアフリーの住宅も、実はその危険性を高めているのです。

実験によると、浴槽の外の床から浴槽までの高さが50cm以下だと、2歳未満の幼児が簡単に風呂に入り込めるそうです

逆にいうと、浴槽までの高さが50cm以上あると、2歳までの幼児が風呂に入り込む事故はかなり防げます。

だからといって、そのために浴槽を高いものに換えるのはなかなか難しいことです。

2歳以上の子どもでも、浴槽での溺死が多いことを考えると、小さい子どもがいる家庭では、面倒でも風呂の水は必ず抜いたほうがいいのではないでしょうか?

ちょっとした油断が、取り返しのつかない悲劇につながってしまうことがあるのです。














スポンサーサイト

テーマ:病気 - ジャンル:育児

  1. 2007/03/15(木) 23:38:03|
  2. 日常に潜む危険
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<ニモのお父さんは、実はお母さんだった。 | ホーム | ウジ(ハエの幼虫)に傷口を食べさせる最先端医療がある。 >>

コメント

うたいたんだね☆
  1. 2007/03/16(金) 00:04:00 |
  2. URL |
  3. みいこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/84-45dea635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Googleを使い倒してみました

Googleは初心者には扱いにくいかもしれません。でも、使い込めば自分が欲しい情報を的確に捜すことが出来ます。問題は、使い方。これが、結構、難しい。そんな難しい使い方を簡単にまとめたレポートがあったので紹介します。◆大暴露!三倍稼ぐ為のGoogle使...
  1. 2007/03/16(金) 09:35:21 |
  2. 忙しくても毎日を楽しみたい!

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。