雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

火事で、火がまわる前に逃げられなくなるわけ。

火事で人が亡くなったニュースで、このくらい逃げ出せなかったのか思われる場合があります。

ちょっと昔の、新宿歌舞伎町の飲食店で40人以上もの人が亡くなった火事などでも、なんで窓から飛び降りるなりしなかったのか、疑問に感じた人も多かったのではないかと思います。

つい先日のニュースでも、消火するために残った旦那さんが焼死するというものがありました。

彼らはなぜ、もう無理だと感じた時点で脱出できなかったのでしょうか?

実は火事が起こるとき、炎よりも恐いものがあるのです。

その正体は、一酸化炭素(CO)

一酸化炭素が恐ろしいのには理由があります。

人の血液中の赤血球にあるヘモグロビンは、酸素と結合して酸素を運びます。

ところが、一酸化炭素はヘモグロビンに酸素の250倍もの速さで結合し、しかも、離れません。

だから、空気中に酸素が十分にあっても、ごく微量の一酸化炭素があるだけで、ヘモグロビンがどんどん一酸化炭素に占有される状態になって、一酸化炭素中毒になってしまいます。

くどいようですが、酸素が十分にあっても中毒になってしまうのです。

一酸化炭素中毒になってしまったら、高濃度の酸素を吸入して一酸化炭素を追い出す治療をしなくてはなりません。

しかも、一酸化炭素はなかなかからだから出て行かないため、吸入は数日から1ヶ月以上におよぶ場合もあるのです。

そして、火事の現場では、この一酸化炭素を含む有毒ガスが発生している場合が多いのです。

だから、火の勢いがまだ大したことないと甘く見て、何かを持ち出そうとしたりしているうちに、一酸化炭素中毒になって意識を失ってしまい、その後ゆっくりと炎に焼かれてしまったりするのです。

冒頭の新宿歌舞伎町の事故でも、入り口に折り重なるように倒れていた人たちは、一酸化炭素により一瞬のうちに意識を失ってしまい、逃げ遅れてしまったといわれています。

火事に遭遇したら、まだ火の勢いが大したことないからと、果敢に現場に飛び込むようなことは絶対にしないでください。

火の手がまだでも、他の魔の手がすでにそこにいるかもしれないのです。














スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/03/12(月) 23:06:40|
  2. 日常に潜む危険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<薬局で生きたヒルが売られていたわけ。 | ホーム | カモノハシに刺されて死んだ人がいる。 >>

コメント

はじめまして~、トシです♪

グーグルのブログ検索から
訪問させていただきました♪

見やすくてきれいなサイトですね♪

また訪問させていただきま~す♪
  1. 2007/03/13(火) 21:29:29 |
  2. URL |
  3. トシ★在宅時間自由人♪ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/81-b1afec62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。