雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の胃の中で子育てをする動物がいた。

胃といえば、強力な消化液で肉などを分解する器官です。

ところが、自分の胃の中で子育てをする生物がいたのです。

なぜ、『いたのです。』 と、過去形なのかというと、残念ながら現在では絶滅してしまっているのです。

その珍しい生態の生物はカモノハシガエル

カモノハシの名前から想像されるように、オーストラリアに生息していたカエルです。

メスは自分で産んだ卵を飲み込み、胃の中でふ化させ、さらに子ガエルになるまで育てていたそうです。

なぜ胃の中にいても消化されなかったのかというと、オタマジャクシは胃液の分泌を抑える物質を出していたからです。

1973年に発見されて、残念なことに1981年までには絶滅してしまったそうです。

絶滅の原因はカエルツボカビ症といわれています。

この病気は、現在も世界中のカエルの脅威となっています。

実は、1990年代以降、世界中のカエルが、開発されていない奥地を含めて激減していることが報告されていました。

その原因は、よくわかっていなかったのですが、実はその犯人がカエルツボカビ症らしいのです。

この病気、自然界では防ぐ手だてがほぼないといわれ、カエルが感染すると、100%近くが死亡します。 そのカエルにとっては悪魔の病気が、2006年12月に初めて日本でも確認され、カエルが大量死が懸念されています。

カモノハシガエルは、昔テレビで見たことがあるので、映像では恐らく残っていると思われるのですが、こういった貴重な生物が今では見られないのは本当に残念なことです。 














スポンサーサイト

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2007/03/05(月) 22:34:07|
  2. 動物・植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<暑さ寒さの世界記録 | ホーム | 徐々に息ができなくなる病気の人が日本には500万人いる。 >>

コメント

初めまして

突然のコメント失礼致します。

いい感じのサイトですね。
私のブログでこちらの記事を紹介させて
頂きました。

該当記事は<%page%>
  1. 2007/03/06(火) 06:42:11 |
  2. URL |
  3. リーマス #-
  4. [ 編集]

そんな病気が!?

カエルツボカビ症…
イヤだな、カエルもイヤだろうな。

「トノサマの死因もカエルツボカビ症でした。」

イヤだぁ。そんな名前の死因。
  1. 2007/03/06(火) 13:09:17 |
  2. URL |
  3. アイデアホイホイ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/76-8283ff79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ブランディングも文章力も一切不要!】わずか30分の片手間作業で毎月5万円を手堅く稼ぐ副業アフィリエイト

あまりにも簡単で単純な片手間作業で空いてる時間にサクサク稼ぐ!
  1. 2007/03/06(火) 15:58:49 |
  2. Infortop.net

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。