雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尿が1日に10リットル以上出る病気がある。

健康な人では、1日に約1.5リットルほどの尿が作られ、排出されます。

もちろん、これは摂取した水分量によって変わり、水を多量に飲んだり、ビールをたくさん飲めば、それだけ多くの尿が出ます。

しかし、腎臓での水分の吸収に問題があると、1日に3リットルから、多い人で10リットル以上の尿が作られる病気になります。

その病気の名前は尿崩症

ちなみに、尿はどのようにして作られるのでしょうか?

簡単にいうと、腎臓で血液をろ過してできるうすい黄色の液体が原尿です。

原尿は1日に200リットル近く作られ、水分、ブドウ糖、タンパク質などは再吸収されて血液に戻され、原尿が濃縮されてできたのが尿です。(尿は血液の一部を濃縮したものなので、実は清潔なのです)

そして、この水分の再吸収がうまくいかなくなるのが尿崩症なのです。

水分の再吸収を促すホルモンの減少、そのホルモンが作用しづらくなる、などが原因ですが、原因不明のものも多いです。

脳の中の脳下垂体後葉という部分がこのホルモンを分泌しているのですが、この部分が損傷する、炎症を起こす、腫瘍ができるなどの理由でホルモンの分泌が減少します。

単純に計算して、多い人で1時間に500mlほどの尿が作られるわけですから、昼間はまだしも、夜は何度もトイレに行かなくてはならなくて、日常生活がとても大変になる病気です。

当然その分、のども渇くので、水の多飲も起こります。

治療は、ホルモン剤の投与によって行なわれていますが、わずかなホルモンの分泌量の変化でこのような大きな影響が起こることを考えると、特に異常のないふつうの日常の生活に感謝しなくてはならないですね。














スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/02/27(火) 19:24:51|
  2. 心とからだ・医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日本では毎日1000匹以上の犬猫が窒息死させられている。 | ホーム | 日本の頭脳は東大にあつまっているわけではない。>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/07/01(火) 15:38:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/68-4c814392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。