雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チョウチンアンコウについている寄生虫が実はオスだとわかった。

チョウチンアンコウといえば、頭についている竿の先に発光器官があり、それで獲物をおびき寄せて食べることで有名です。

オスが小さいということもある程度知られていると思いますが、オスが発見された経緯がちょっとおもしろいので紹介します。

最初にチョウチンアンコウの標本を調べた科学者は、それがすべてメスであり、オスが見つかっていないことに気付きました。

そして、ほとんどのメスに寄生虫がついていました

その寄生虫と思われていた生物が、後にオスであるとわかったのです。

発見者はビックリしたでしょうね。

ちなみにオスは、どのようにしてメスに寄生するようになるのでしょうか?

単独生活しているオスは、嗅覚でメスの出すフェロモンを頼りにメスを探します。

そして、メスを見つけると、そのお腹などにかみつくのです。

その後、オスの唇はメスの血管と融合して、メスの血液がからだを循環するようになり、酸素や栄養もメスからもらう、完全な寄生状態になります。

ちなみに、寄生しているオスは1匹とは限らず、何匹もいる場合もあります。

そして、繁殖期になると、メスの卵巣の成熟と同時にオスの精巣も成熟し、産卵と放精が同時に行われます。

チョウチンアンコウがこのような性質を身につけたのは、オスとメスが出会うチャンスの少ない広い深海で、確実に子孫を残すためだと考えられています。

完全にメスに寄生するチョウチンアンコウのオスは、究極のヒモですね。














スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/26(月) 21:46:21|
  2. 動物・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男性が女性に言い負かされるわけ。 | ホーム | フルーツトマトは普通のトマトと同じ苗から作られる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/65-7e7ae581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。