雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フルーツトマトは普通のトマトと同じ苗から作られる。

スーパーなどでよく見かけるちょっとこぶりで甘いフルーツトマト。 ふつうのトマトの糖度が2~5程度なのに比べて、フルーツトマトの糖度は7以上あって、とても甘いです。

ちなみに、フルーツトマトとは品種名ではなくて、甘いトマトを総称して呼ぶようですが、今回取り上げているのはちょっと小ぶりなフルーツトマトです。

でも、実はこのトマト、特別な品種ではなく、ふつうのトマトと同じ苗から作るのです。

では、どうしてあんなに甘くなるのでしょうか?

秘密は育て方にあります。

与える水を制限して育てるのです。

ふつうに考えると、水不足で育てたら味が悪くなるんじゃないかと思われるでしょうが、なぜ、トマトは水をあげないほうが甘くなるのでしょうか?

それは、トマトの原産地の気候が関係しています。

トマトは、南米アンデスの高原が原産地といわれているのですが、実は、その原産地が降水量の少ない、乾燥した土地なのです。

つまり、トマトにとって水不足の環境は過酷な環境なのではなく、生まれ故郷に近い環境なのです。

ちなみに、同じフルーツトマト育てているビニールハウスでも、端のほうで、外からの水が吸収できるところに生えているものにはふつうのトマトができるそうです。

ふるさとに近い環境で、実力を発揮しているのがフルーツトマトなんですね。 







スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/25(日) 23:50:02|
  2. 動物・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チョウチンアンコウについている寄生虫が実はオスだとわかった。 | ホーム | 医療機器に影響のない携帯電話がある。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/64-63b6f277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。