雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

左右の脳を切り離すと起こる現象

脳は、右脳、左脳の2つに分かれています。

そして、右脳と左脳は脳梁(のうりょう)という神経の太い束でつながっています。

この脳梁を切断しても人は生きてられるのですが、脳のはたらきを知る上で興味深い弊害が起きます。

どのような弊害が起きるのでしょうか?

そもそも、どのような場合に脳梁を切断するのでしょうか?

脳の中に異常な信号がかけめぐる、てんかんという病気がありますが、昔、重度のてんかん患者に対して、脳梁切断が行われることがありました(今は行われてません)。

脳梁切断された患者は、異常な信号が反対側の脳に達するのが防がれるため、症状は改善したそうです。

しかし、脳梁が切断された人にある実験を行うと、奇妙な現象が見られたのです。

その実験とは、患者に写真を見せて、その名前を答えてもらうというものです。

実験の結果は次のようなものです。

両目で写真を見せたときは、ふつうにそのものの名前を答えることができました。

左目を隠して、右目だけでネコの写真を見せても、『ネコ』と答えることができました。

そして、その直後に右目を隠して、左目だけで同じ写真を見せたとき、どうなったか?

外国人だったので、日本語ではなかったのですが、訳すと、

『えっと、ほら、あれ、あれだよ、あれ。』

と答えるばかりで、『 cat 』という単語は出てきません。

なぜ、そのような現象が起こるのでしょうか?

それは、言語中枢が左脳にあるからです。

右目から入った情報は、目の奥の部分で交差して、左脳に入って認識されます。

同じように、左目から入った情報は、右脳で認識されます。

通常は、左目を通して右脳に入った情報は、脳梁を通って、左脳の言語中枢まで届くので、その名前がわかります。

ところが、脳梁がつながっていないと、右脳に入った情報が左脳まで伝わらないので、左脳に名前を問い合わせることができなくなるのです。

物の形の認識は右脳でもできるので、ネコだということはわかります。

だから、それがネコであるとわかっているにもかからわず、どうしても『 cat 』という言葉がでてこない状態になるのです。

誰かを思い出そうとしているのに、名前だけがでてこないときに似ていますね。

脳の不思議を表わす、興味深い一例です。









スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/02/22(木) 19:08:14|
  2. 心とからだ・医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カエル、ネズミ、小鳥まで食べる植物がいる。 | ホーム | 100年前、東京はひと冬に100回以上氷点下を記録した。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/58-ab17b942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。