雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沖縄で害虫530億匹を野に放したわけ

害虫、いやな響きですね。

もし、ある害虫を何億匹と育てて野外に放している施設があるとしたら、どう思いますか?

しかし、これは現実に日本で行われたことなのです。

1975年から1993年にかけての約20年間に、沖縄で、ウリミバエという、ウリ類のほかトマト、ピーマン、パパイヤ、マンゴーなど多くの野菜、果物につく8mmほどのミバエを、530億匹も野外に放したのです。

なぜこのようなことをしたのでしょうか?

それは、ウリミバエを根絶させるためでした。

これは『不妊虫放飼』という方法なのですが、どのような方法なのか、簡単に説明します。

まず、増殖施設でウリミバエを大量に増やします。

そして、サナギのときに放射線を当てて、オスの精巣とメスの卵巣の機能を奪って、不妊の成虫を作ります。

そして、それを野生のウリミバエがいる地域に大量に放すのです。

ちなみに、ウリミバエが果実に被害をもたらすのは幼虫だけなので、成虫は放しても問題ありません。

野生のメスは不妊のオスと交尾しても産卵しますが、卵はふ化しません。

つまり、不妊のオスの割合が多くなればなるほど、子どもはできなくなるのです。

こうして毎週毎週数百万匹もの不妊ウリミバエを放しつづけました。

その結果、野生のメスは野生のオスと交尾する機会がなくなり、子どもができなくなり、根絶されたのです。

この方法で、まず久米島で1975年から1年半かけて3億匹放し、ウリミバエを根絶しました。

その後、宮古島で1987年に、沖縄本島で1990年に、八重島では1993年に根絶し、ウリ類などを本土に自由に出荷できるようになりました。

この間に放たれたウリミバエは530億匹、かかった費用は170億円だそうです。

ちなみに、沖縄では、ゾウムシにも同じ方法が使われています。

そして、現在でも再び増えるのを防ぐために、常にウリミバエを放し続けているのです。









スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/21(水) 21:16:04|
  2. 動物・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<100年前、東京はひと冬に100回以上氷点下を記録した。 | ホーム | 犬は実はカラーで見えている。 >>

コメント

こわい~

なんか、こわくなってきた~☆☆☆まじっすかあ???
  1. 2007/02/22(木) 05:03:32 |
  2. URL |
  3. あけみん #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/01/29(金) 23:12:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/54-15b501c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。