雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2000年前の遺跡から見つかって花を咲かせた種がある。

植物は、冬や水のない時期などに種子の形で過ごし、再び条件がよくなると発芽します。

では、植物は種子の形でどれくらい生きていられるのでしょうか?

一般に、種子の寿命は数年程度でそんなに長くはないといわれていますが、中には途方もない時間眠り続けた種子があります。

1951年、千葉県千葉市検見川の縄文時代と思われる遺跡から、3粒のハスの種が見つかりました。

ハスの権威でもある東京大学の大賀一郎博士が、その年代測定をシカゴ大学に依頼したところ、約2000年前のものであることが判明しました。

大賀博士は、3粒の種の発芽を試みて、2粒は失敗したものの、残った1粒が発芽し、翌1952年にピンク色の花を咲かせました。

このニュースは、『世界最古の花が咲いた』と世界中で報道されました。

そして、そのハスは大賀博士の名前をとって『大賀ハス』と名づけられました。

別名、古代ハスとも縄文ハスとも呼ばれているものです。

その後、その子孫が日本中、世界中に分けられて花を咲かせています。

2000年は生きることがわかっている大賀ハスの種、そのまま眠り続けると、いつまで生きているのでしょうか?

興味がわきます。









スポンサーサイト

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/20(火) 18:15:11|
  2. 動物・植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンク集 | ホーム | 足先の冷えを解消する裏技 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/52-8ed7e77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。