雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南国にはとてもかわいい殺人ダコがいる。

沖縄や小笠原諸島には、足をいれても10cm程度の、きれいな模様の小さなタコがいます。

その名はヒョウモンダコ。

刺激を受けると、体色が明るく黄色っぽくなりコバルト色の美しいリングが浮かび上がるところがヒョウ柄に似ていることからこの名がついています。

手のひらにも簡単にのってしまうほど小さくてかわいらしいこのタコ、実はだ液の中に、フグと同じ猛毒のテトロドトキシンが含まれているのです。

実はふつうのタコもだ液に毒が含まれていて、獲物を捕らえるのに使いますが、ヒョウモンダコの毒は別格です。

人がかまれると、呼吸困難におちいり、死にいたる場合もあります。

ちなみに、テトロドトキシンには解毒剤がないので、毒ヘビにかまれたときのように口で毒を吸い出すのも、とても危険です。 (ヘビ毒は食べても問題ないです。)

ヒョウモンダコは、その猛毒のおかげか、墨を出す墨汁嚢も退化しています。

墨をふく必要もないのでしょう。

見分け方は、刺激されると、コバルト色のリングが表われるのですぐわかります。

ヒョウモンダコ自体は、身を守るためにしか毒を使わないので、捕まえようとしたりしない限りは安全です。

南国の海で、子ダコのような、美しいタコを見つけたら気をつけてください。

そのまま帰ってこられなくなる恐れがありますから。







スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/19(月) 22:59:25|
  2. 日常に潜む危険
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<足先の冷えを解消する裏技 | ホーム | 月曜日は自殺者が1週間で一番多い。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/50-478721a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。