雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月の20日の日差しは4月20日の日差しと同じ強さである。

8月といえば、日本ではとても暑くて、日差しが強いというイメージがあります。

一方、4月といえば、暖かくなり、柔らかな日差しという感じがしますが、実は、8月の20日頃の日差しの強さは、4月20日頃の日差しの強さと同じくらいなのです。

ちなみに、一年で一番日差しが強い日はいつだか知ってますか?

答えは、6月21日くらいの夏至です。

この日は、昼間の長さが一番長いとともに、太陽がもっとも高い位置まで昇ります。

太陽が高い位置まで昇るということは、それだけ垂直に近い角度で太陽光が当たるということなので、日差しはもっとも強くなります。

つまり、6月20日頃をはさんで、その前後で日差しは弱くなっていくわけです。

だから、夏至の日から2ヶ月ずつ離れている4月20日頃と8月20日頃の日差しの強さは同じくらいなわけです。

では、4月と8月はなぜ気温に大きな差があるのでしょうか?

それは、陸地や海が暖まるのに1ヶ月以上時間がかかるからです。

だから、だんだん日差しが弱くなっていても、陸地が暖まる8月上旬くらいが一番暑くなるわけです。

冬についても同じ事がいえます。

一年で一番日差しが弱いのは12月22日頃のかぼちゃを食べる冬至です。

だから、一番寒い2月上旬の日差しと、11月15日頃の日差しの強さは同じくらいなのです。

これも、陸地や海が冷えるのに時間がかかるために、寒くなるのが遅れるのです。

今年は記録的な暖冬になりそうですが、厳冬であっても、2月にはどんどん日差しは強くなっているというわけです。 









スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/16(金) 17:37:13|
  2. 一般的な雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虫歯が原因で死ぬことがある。 | ホーム | 危険な飛蚊症(目の前のほこりみたいなもの)の見分け方 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/43-07aa882c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。