雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低気圧が来ると天気が悪くなる理由。

経験的に、低気圧が来ると天気が悪くなるということを知っている人は多いと思います。

なぜ低気圧が来ると、雨が降るのでしょうか?

その答えのヒントは、低気圧の名前にあります。

低気圧はどうやってできるかというと、暖かい海水や地面があって、暖められた空気が上昇するなどして、上昇気流が生じるからです。

空気が上昇すると、地面付近の空気が少し薄くなります。

薄くなるということは、気圧が低くなるということです。

その気圧が低い状態が低気圧です。

では、上昇気流が生じるとなぜ天気がくずれるのでしょうか?

空気は上昇すると膨張(ぼうちょう)して温度が下がります。

すると、空気中の水分が空気に含みきれなくなって雲になるのです。

これは、暖かい空気は水分を多く含むことができるけど、冷たい空気はあまり含むことができないことから起こります。

冷たいコップで冷やされた空気から水滴が生じてコップにつくのも同じ理由です。

雲ができれば、雨が降るわけで、天気が悪くなるわけです。

ちなみに、冬に日本海側に雪が多く降るのも、本州の真ん中の山地を気流が越えようと上昇するときに、雲になり、雪となって落ちてくるからです。

意外と知らない人が多い、素朴な疑問でした。







スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/04/26(木) 23:21:45|
  2. 素朴な疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地平線近くの月より、頭上の月のほうが大きい。 | ホーム | 何度も味見をしていると、料理の味が濃くなってしまうわけ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/116-d4c0a530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。