雑学王 雑学・トリビア集です

いろいろな分野の雑学、トリビア集です。雑学、トリビアに興味のある人は見ていってください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天気が悪くなると腰などの神経痛が痛むわけ。

昔から、天気が悪くなると神経痛が悪化するといわれています。

逆にいうと、神経痛が痛むと天気が崩れるともいえるわけで、なぜそのような現象が起こるのでしょうか?

理由は、天気が悪くなるときの大気の状態にあります。

天気がくずれるとき、低気圧が来て、気圧が低くなることが多いです。

気圧が低くなるということは、四方八方から大気の圧力で押さえつけられている人のからだがその圧力から少し開放されるということになります。

それにより、からだは少し膨張(ぼうちょう)します。

すると、神経をはじめとするからだの内部も当然膨張するわけです。

神経痛とは、神経が近くの骨、関節などの組織に圧迫されたり、当たって痛むことが多いので、その圧迫が激しくなるのです。

だから、痛みが強くなります。

逆に天気のいいときは高気圧が来ていることが多く、大気の圧力は高くなり、からだの組織は圧縮されます。

神経細胞も、周りの組織も圧縮されるので、神経が圧迫される度合いが小さくなり、痛みから解放されるのです。














スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2007/04/24(火) 23:24:08|
  2. 心とからだ・医学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何度も味見をしていると、料理の味が濃くなってしまうわけ。 | ホーム | コカコーラには発売当初はコカインが含まれていた。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/tb.php/114-05919be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゃすぱ~

Author:きゃすぱ~
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示

全ての記事を表示する

項目別

日常に潜む危険
心とからだ・医学
動物・植物
素朴な疑問
食べ物
人間心理
コンピュータ・インターネット
その他の雑学・裏技
お気に入り

ランキングへの協力お願いします





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

できましたら、上の4つのバナーのクリックをお願いします。

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク集

リンク集

相互リンクしませんか?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。